バストアップ方法 筋トレ バストアップ方法 ツボ バストアップ方法 マッサージ

なぜツボを押してバストが大きくなるの?

ツボを押しただけでバストアップになるって知っていましたか?


バストの大きさには、女性ホルモンが関係します。


女性ホルモンの分泌と関係のあるツボと乳腺を発達させる効果のあるツボがあるんです。


そこを刺激して女性ホルモンの分泌を活発にする事によってバストアップに繋がるというわけです。

[スポンサーリンク]


女性ホルモンの分泌はバストアップだけでなく、肌を美しくする働きもあるんですって。


ツボ押しで、バストアップと美肌効果の両方が得られるのはとっても嬉しいですよね!


実際に整体院でも行っている所があるようです。

バストアップのツボの位置とツボの押し方

バストアップ ツボバストアップに効果のあるツボを紹介します。





・だん中
左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中辺りにあります。このツボは、女性ホルモンの働きを促し活発にする効果があります。押し方は、指をあてゆっくりとだんだん強めに3秒押します。

・天渓(てんけい)
乳房の輪郭線のわきにあり、乳首の高さに左右両側にあります。このツボは、乳腺の発達を促す効果があります。押し方は、左右の乳房を持ち上げるようにして、内側に向かって左右同時にゆっくりと押します。

・渕腋(えんえき)
乳首から脇側にだいたい10cmくらい外側のところにあります。このツボは、血行がよくなるのでスムーズに栄養をバストに運びます。押し方は、親指で左右同時に押します。

体を温めて新陳代謝を上げてから行うと、より効果的と言われていますから、お風呂上りなどがいいかもしれないですね。



バストアップツボ押しの注意点

バストアップツボ押しはいつでも行っていいわけではないんです。

【行わない方がいい場合】

・体の体調が悪い時
・食後やお酒を飲んだ後
・妊娠中の方

毎日続ける事は大事ですが、やりすぎにも注意です。


毎日やらないといけない、と、思いすぎると逆にストレスになってしまいます。


ストレスはバストアップ効果にも影響しますし、体調などにも影響します。


また、適切な位置で行わないと効果は出ないと言われています。正しい位置は個人差があるので、見つけにくい場合もあります。押す時に力を入れすぎるのも良くないようです。


正しい位置がわからない時は、専門家に聞くのがいいかもしれないですね。


こんなに毎日頑張ってるのに、ちっとも効果が出ない!と、ならないように行っていきましょう。

バストアップに効果的な時間帯

バストアップ 効果的な時間帯バストアップは夜に行うのが適していると言われています。


なぜ、夜に行うのが適しているかと言うと、夜寝ている間に、ホルモンの分泌が行われているからです。


バストアップには、ホルモンが関係しますので、夜に行って分泌を促すと、より効果的というわけです。


血行を良くしてからの方がいいと言われているので、夜、お風呂に入って体を温めて、寝る前のリラックスした時間がいいかもしれないですね。


忙しくてなかなか時間が取れない方も多いと思いますが、継続する事が大事ですので、無理なく、自分のペースで続けられると良いかと思いますよ。

胸が大きくなる時期とその原因

胸が大きくなる時期と原因胸が大きくなるのは、一般的には第二次性徴の時です。


女性の第二次性徴が始まる時期は、10~13歳頃からが多いですが、早くて8歳頃、遅い方で16歳頃と言われています。


第二次性徴で卵巣が発育し、卵巣から女性ホルモンが分泌されるようになります。


ホルモンが十分に分泌され、乳腺が発達し、バストに脂肪がつき、胸が大きくなるという流れになります。


しかし、第二次性徴に何らかの原因で女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、胸の成長を妨げてしまいますので気をつけて下さい。


何らかの原因とは・・・


・ストレス
・過度の運動・ダイエット
・偏食や不規則な生活習慣

などがあげられます。

妊娠中に胸が大きくなるといわれる理由

妊娠中に胸が大きくなる理由妊娠初期に起こりやすい症状の一つに胸が張る感じがあります。


原因はやはりホルモンの働きと言われています。


女性ホルモンのプロゲステロンが妊娠初期にも引き続きたくさん分泌されるので、胸の張りが生理前より強く感じられるようです。


これは、徐々に落ち着いてきますが、今度は産後の授乳にそなえて、乳腺や乳管の組織もだんだん発達していくので、胸が大きくなるようです。


個人差があるので、人によっては妊娠初期に張らない方もいるようです。


なかには、出産後も大きくなったそのままの大きさで!と望む方もいるようですね。

産後のバストアップ

産後 バストアップ産後の女性の悩みの一つに、バストップがありますよね。


授乳後にしぼんでしまった胸を何とかしたい!垂れてしまった胸を元に戻したい!と、願う女性は多くいます。


妊娠すると乳腺や乳管の発達により胸が大きくなると、当然重さも増えますよね。


この重みに支えていた筋肉が耐えられなくなる事で、胸が垂れてしまうようです。


ですから、妊娠前から筋肉を鍛える事が大切と言われています。


いろいろなバストアップ法が出ていますが、自分に合った無理のないやり方をやるのがいいですね。


無理にやってしまうと、ストレスに繋がってしまい、育児に影響が出てしまう可能性もありますから・・・。


稀に、大きいままで小さくならずに困るという方もいらっしゃるようですね。

生理前に胸が大きくなる理由

生理前に胸が張る事により大きくなりますよね。


これは女性ホルモンの影響と言われています。


排卵後に、女性ホルモンのプロゲステロンが分泌されるので、胸が張ったりします。


生理が開始されると同時に、自然に胸の張りは消えていきます。


個人差があるので、全く張らない方もいますが、強く張る事によって、すごく痛みを感じる方もいます。


体の自然現象なので、張りが起こらないようにすることは難しいですが、痛みがひどい方は、毎月が辛いですよね。


あまりにひどい方は、お医者様に相談された方がいいかもしれないですね。

胸を大きくするエクササイズ

胸を大きくするエクササイズで筋肉を伸ばし、体を柔らかくすると、血行が良くなって代謝が上がります。


すると、女性ホルモンが活性化されて、バストアップの効果が期待できるというわけです。


では、早速始めてみましょう!


① 手を胸の前で合わせる。
② 手を合わせたまま5秒ほど押し合う。


たったこれだけです。簡単ですね!


これなら、気が向いた時にできますので、挫折する事も少ないのではないでしょうか?


1日に20~30回程度、小分けにやっても良いです。


ちなみに、筋肉は寝ている間に再生しますので、しっかり眠ることもお忘れなく!

[スポンサーリンク]

バストアップ方法 筋トレ

バストアップ 運動
バストアップに関係している筋肉。それは、『大胸筋』です。


筋肉には、寝ている間に分泌される“成長ホルモン”が関係しているので、夜にトレーニングをしてから食事をし、しっかり睡眠を取るようにすると良いでしょう。


また、休息を取ることも大切ですので、無理をして結果を急いでも、全く意味がありません。


焦らず、継続して行うようにしましょう!


■ 腕立て伏せをする

道具を用意する必要がなく、簡単にできるのが腕立て伏せです。


① 出来ない場合は、膝を付けて下さい。
② 出来る回数まで行います。



ちなみに、最高でも20回程度を目安として2~3日間隔を空けながら行って下さい。


注意点としては、やり過ぎないこと。やり過ぎてしまうと、胸を硬くしてしまいます。


鍛え過ぎには気をつけて下さい。

胸を大きくするのに適した時間帯

「胸を大きくしたい!!」ってことで、頑張り始めた“バストアップエクササイズ”。


努力が無駄にならないよう、『一番効果がある時間帯』にやりたいですよね?


でも、その前に質問です。


『効果的な時間帯』を守りながら毎日続けるだなんて、大変じゃありませんか?


実は、そんなことよりも

・バランスの取れた食生活

・規則正しい生活

・ちゃんと続けること

・しっかり睡眠をとること



こっちの方が大切です。


ちなみに、胸のハリや弾力は、

・乳腺の発達度

・皮下脂肪の量

・女性ホルモンの分泌量



これらによって、大きな違いがでてくるとのこと。


代謝や血行を良くすることができる、“胸を大きくする運動や体操”、“バストアップエクササイズ”は、女性ホルモンの活性化を促す働きがありますので、無理せず、出来る範囲内で続けて行うようにしましょう。

バストアップにエクササイズを取り入れる際の注意点

いろいろとありますが、気をつけたいことは、『継続すること』だと思います。


そもそも、人の体は急には変わりません。


もちろん、バストアップのプロが行うなら話は別です。


でも、例えプロにお願いしても、今度は、そのバストアップした体をキープしていかなければならないわけですから・・・。


継続していくコツは、「毎日できなくてもいいや!」くらいの軽い気持ちで続けていくこと。


何度もいいますが、バストアップには、女性ホルモンが深く関わっています。


「あぁ、今日も出来なかった・・・。」

「今日もやらないと・・・。」


なんて気持ちで無理やり続けても、ストレスになるだけで、結果につながりません。


気持ちを楽にして、体調管理をしながらバストアップを目指していくのがベストです。

バストアップエクササイズを中止した方が良い場合

バストアップエクササイズを中止した方がいい場合まず、体調が悪い時は行わないことです。


継続することが大切だとはいいましたが、体調が悪い時に無理をしても、効果を期待することはできません。


それから、筋肉痛とは違った痛みが、関節などに出てきた場合も、中止するようにして下さい。


普段、体を動かしていないと、筋肉は硬くなっています。

そんな状態のまま、いきなり体を動かすとケガをしてしまいます。


●体を温めること

●体をほぐすこと


この2点を行うだけでも、ケガを防ぐことができます。


また、生理中だからといって、そこまで意識して、エクササイズを控える必要はなさそうです。


もちろん、体調がすぐれない場合は控えた方が良いですが、近頃、「生理中は筋肉が付きやすい。」という考え方が広まりつつあるようです。


いずれにせよ、自分の体と相談しながら、結果を急がずに行うようにしましょう。

胸を大きくするまでにどのくらいの期間が必要?

結論からいうと、『人それぞれ』としかいえません・・・


でも、がっかりしないでください。


バストアップには、『女性ホルモン』が大きくかかわっていますので、ここにヒントがありそうです。


女性ホルモンの中のひとつである『エストロゲン』。


この『エストロゲン』は、バストのハリや形成に大きな役割を果たしています。


特に、排卵直後に多く分泌されるので、「生理前になると、胸が大きくなる」という原因はここにあったわけです。


また、生理前に限らず、女性ホルモンのバランスは、生活習慣や食事、睡眠、ストレスなどによっても常に変化し続けています。


そんなわけで、1日も早くバストアップしたいのであれば、まずは『健康』に気をつけることが重要なようです。


バストアップ体操

体操といったら何をイメージしますか?


パッと浮かぶのはラジオ体操あたりでしょうか。


頭の体操に骨盤体操、腰痛体操…などなど。


ひとえに体操といってもいろいろありますよね。


今回は女性の方に知ってお得な体操をこっそり教えちゃいます!


その名も「バストアップ体操」!


バストの形、大きさは女性にとっては大事なことですよね。


・「もう少し大きければ水着だって自信もって着れるのに…」

・「胸元の開いた服を着たいけどこのサイズじゃ…」


なんて悩みも生まれたり。


バストアップ体操でそんな悩みとおさらばしましょう。


バストアップ体操はとても簡単!飽きっぽい人でも続けられるはずです。


この体操ではバストの土台、大胸筋を鍛えます。


大胸筋を鍛えることで垂れた脂肪を持ち上げハリのあるバストをつくります。


ではやり方です。


体操は3つあります。どれも簡単に自宅でできますよ。


・胸の前で両手を合わせて5秒間できるだけ力をいれて押し合います。

それからゆっくり力を抜いてください。これが1セット。
1日に3~10セット程行ってください。


・椅子に座って肩幅くらいに足を開きます。

それから両腕を頭の後ろでくんでください。両肘を開きながら頭を後ろに逸らして胸を前に突き出します。この状態を10秒間キープしてください。


・壁に手をついて、斜めによりかかります。

その状態で腕を曲げたり伸ばしたりします。
1日に10回くらい行ってください。


これだけです。


特別なことは何も無くだいたい5分もあればできてしまいます。


夜寝る前やちょっとあいた時間にあなたのバストをもっともっと魅力的にしちゃいましょう!

ブラ選びの基本

ブラジャー選びの基本ブラ選びの基本・・・それは、自分のサイズを知ることです。


間違ったサイズのブラジャーをつけていると、バストの位置にあったお肉が、背中やお腹、脇腹に逃げてしまいます。


ですから、サイズを測るときは、できるだけ“下着専門店”で測ってもらうようにして下さいね。


どうしても、自分で測らなければならない場合は、メジャーを水平にして測るようにしましょう。


少しでもななめになった状態で測ると、全体で2cm~5cm位も差が出てしまいます。


これでは、自分に合ったブラを選ぶことはできません。


ちなみに、カップは小さめ、3/4や1/2カップで、パットの入ったものがよいといわれています。


パットでバストを持ち上げて胸を大きく見せて、カップの中に納めれば、谷間を作ることができます。


サイズが同じでも、ブラによってはつけ心地が違ってきたりしますので、必ず試着をするようにしましょう。

胸を大きく見せるブラのつけ方

ランジェリーショップの店員さんのようにはいきませんが、「胸を大きく見せるブラのつけ方」についてお話していきたいと思います。


① ストラップを少し短くして肩にかけます。

② カップ中央の下部分を両手で持ち、大きく前へかがんでください。

③ バストとカップを合わせ、アンダー部分が水平になるように手を移動し、ホックをとめます。

④ 胸とわきの下のお肉を前に寄せて、ブラジャーのカップの中にお肉をしまいましょう。この時、手の平で寄せ集めて、出来るだけお肉を入れるようにします。

⑤ ブラジャーのカップの中に、胸と全ての余計なお肉を寄せ入れて、上体を起こします。


体を動かしていくうちに、ちょっとずつお肉がブラからはみ出ていきますので、化粧室に行った時などに、カップに入れ直すことをオススメします。

胸を大きく見せる洋服のチョイス

胸を大きく見せる洋服といっても、ピタッとフィットしていれば、良いというわけではありません。


おすすめは

・胸の下に切り替えしがついている

・胸の部分にギャザーがたくさん入っている


といったものです。


自然とボリュームアップして見えますよ。

また、胸を強調したい場合は、胸元がVの字になっているものを選ぶようにしましょう。


上からVの字カット、下からは逆Vの字カットの切り返しがついていると、さらに胸を強調することできます。


他にも、Tシャツなどの場合は、脇のラインが細く締まっているもの。


ウエストを細くして、胸を大きく見せる方法なんかも効果的です。


胸を大きく見せる服って、デザインや形によりますので、これらのことを参考にして、おしゃれを楽しんでみて下さいね!

胸を大きく見せる姿勢

胸を大きく見せる姿勢姿勢を正しくすると、バストアップできるって知っていましたか?


猫背の人のように背中が丸くなっていると、バストラインが下がってきてしまいます。


ようするに、“胸を小さくみせている“という事です。


では早速、壁を使って、正しい姿勢がどんな姿勢なのかを、チェックしてみることにしましょう。


① 背中を壁にあてて立ちます。

② 後頭部・背中・お尻・かかとが壁につく状態かをチェックします。



以上が、正しい姿勢の目安となります。


又、姿勢をよくする方法としてお勧めなのが、お尻を上げることを意識することです。


お尻が上がるとウエストがくびれ、胸が張った状態になりますので、スタイルが良く見えるのです。


正しい姿勢を保つということは、なかなか難しいことですが、美容と健康の為に、日常生活の中でちょっとずつ心がけてみるようにしましょう。

胸を大きく見せる人気ブラ

“バストアップブラ”には、「胸を大きく見せるもの」や、「胸を大きくするもの」など、様々な種類がありますよね。


では、ここで胸を大きく見せる人気のブラをいくつかご紹介したいと思います。

・リンクル トルネードブラ
カップ内側にうずまき模様があり、バストを立体的にメイクするブラです。バストの血行を促進し、マッサージ効果も期待できます。

・エクサブラ
大胸筋にエクササイズ効果を与え、バストが育つブラです。口コミでは、効果が出なかった方もいました。

・すごブラ!
極厚カップに、エアーインジェルパッドを使用。脇肉スッキリ設計で、バストのお肉を逃がさないようになってます。口コミでは、着用後の見た目に不満を持った方もいました。

・バイオ・ブラ
波動エネルギーによって、乳房の細胞が活性化し、乳腺の発達を促進させることで新陳代謝を助け、短い時間での変化が期待できるそうです。他に比べて少し高額です。


他にも、「寝ている時につけるブラ」や、「好みの大きさにできるパット」、「ブラジャーの上からつけるもの」などがあります。自分の希望を決めてから、購入するようにすると良いでしょう。

女性ホルモンとバストアップの関係性

バストは90%が脂肪組織、10%は乳腺組織です。


脂肪量が多いとバストも大きいという事で、その脂肪量は乳腺の発育状態によって決まります。


乳腺を発達させるには、ホルモンを十分に分泌させる必要があります。このホルモンには女性ホルモンと成長ホルモン等があります。


思春期にこれらのホルモンがバランスを崩したり、分泌のタイミングがずれると、乳腺が育たず、バストに脂肪が付かず大きくならないという結果になります。


女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。


エストロゲンは、豊かな乳房・丸みのある女性らしい体を作りますが、23歳前後をピークに分泌量が減少する為、バストが小さくなったりハリをなくし下垂が起こってきます。


女性ホルモンの分泌が低下すると、バストだけではなく肌荒れや月経異常にも繋がりますので、ストレスや過度のダイエットでバランスを崩さない事が大事ですね。

摂取する女性ホルモンの選び方

女性ホルモンを含む食品・納豆
女性ホルモンの摂取は様々な方法がありますが、安全なのは食品からの摂取ですよね。


では、どの様な食品がいいのか?という事になりますよね。


食品の中でも、女性ホルモンに似た働きをすることのできる、大豆イソフラボンが多く含まれた、納豆・豆腐・油揚げ・きな粉・味噌などがいいでしょう。


食品からの摂取が難しいという方は、サプリメントから摂取するといいですね。


たくさんの種類がありますので、成分をきちんと確認する必要はあります。


サプリについてはまたのちほど詳しくお話したいと思います。


自分に合った摂取方法を考えて選ぶようにしましょう。

女性ホルモン摂取の副作用

女性ホルモン摂取の副作用食べ物からの摂取では、過剰摂取になっても副作用はないと言われてますが、女性ホルモン剤やサプリメントの過剰摂取には、副作用がある場合があります。


性同一性障害で治療を希望をする男性が女性ホルモンを服用すると胸が大きくなる事が知られています。


その為、女性であっても同様な事が起こると考えるのは当然でしょう。


しかし、この時に男性が服用する女性ホルモンの量を服用すると、女性には激しい嘔吐や不正出血などの副作用が現れると言われています。


女性ホルモン注射にも副作用が伴うようです。


肝機能障害や吐き気やめまい、発ガンの恐れもあると言われています。


いずれも、担当医とよく相談する事が大事ですね。

バストアップマッサージでリンパを刺激!

バストアップマッサージテレビの情報番組で、「バストアップマッサージ」というものを見たことがある人は多いのではないでしょうか?


Aカップだった女性が、専門の先生の手でマッサージを受けると大幅にカップサイズが上がる、これは実際にあることなのです。


なぜマッサージでバストアップできるかというと、乳房まわりのリンパや血管の流れを良くすることで、乳腺の成長に必要な女性ホルモンが活性化されるからです。


特別な場所に通わなくても、自分でもマッサージはできますので、ぜひ日常の中にとり入れてみてください。


■バストアップマッサージの基本

基本の流れは「下から上へ」そして「外側から内側へ」です。


とくにワキの下や鎖骨まわりは、乳房につながる血管やリンパ管が多いため、このあたりを重点的に流しましょう。


何もつけずにおこなうと、摩擦で素肌を傷めたり、すべりにくかったりしますので、マッサージ専用のクリームやベビーオイルなどを使うのがおすすめです。


入浴時に、ボディソープをつけた状態でおこなうのも良いでしょう。


ついでに、乳房のしこりを見つけやすくなるため、乳がんの早期発見にもつながり、一石二鳥といえます。


■大胸筋も忘れずにマッサージ

バストは加齢とともに下に垂れると同時に、横へも広がっていきます。


バスト下のワキに近いほうから、ぐるりとお肉を持ち上げながら中央へ指をすべらせるようにすると、垂れと広がりのどちらにも効果があるでしょう。


また、胸の脂肪を支える大胸筋のマッサージも効果的です。バストの上あたりに手を置き、鎖骨のほうへ向かって上へ流します。


胸全体がひっぱりあげられるような感じでおこなうのがコツです。


こういった、ちょっとしたマッサージを入浴ついでにおこなうだけでもバストアップに近づくことができます。


リンパの詰まりは、バストに栄養が届きにくくなるほか、万病の元になりますのでぜひ定期的に流す習慣をつけてみましょう。

アロマオイルマッサージでバストアップ

バストアップできるマッサージには色々なものがあります。

中でもオススメなのが「アロマオイルマッサージ」です。

アロマオイルを使用したバストアップマッサージはリラックス効果も高いので、心や体に溜まったストレスを解消してリフレッシュすることができます。


バストにコンプレックスを感じている方だけでなく「最近なんだか疲れ気味」という方にもアロママッサージはとても効果的です。


今回は自宅でできるアロママッサージのやり方をご紹介します。


・アロマオイルマッサージのやり方

1:脇の下から鎖骨の下の部分をマッサージします。
強く揉むのではなく、優しくほぐすようにマッサージするのがポイントです。


2:中心に脂肪を集めるように胸をマッサージします。
ただ揉むのではなく円を描くようにマッサージしてください。


3:背中や脇の下の部分の脂肪を胸につけるようなイメージで集めます。


4:背中をマッサージします。

5:右の胸から左の鎖骨へ流すようにマッサージします。

指先ではなく手のひら全体を使うのがポイントです。


6:左の胸から右の鎖骨も同じようにマッサージします。


これでマッサージは終わりです。


このアロママッサージを行うことで

・リンパの流れを改善する

・血行を促進させる

・背中や脇の脂肪を胸につける


このような効果が期待できます。


アロマオイルの香りは好きなものを使用して大丈夫です。


しかし、種類が多いので最初はどれにしたら良いのか迷ってしまうかもしれませんね。


おすすめなのは「イランイラン」というアロマオイルです。


イランイランの香りには女性ホルモンのはたらきを高める効果があるのでバストUPにはピッタリだと思われます。


・肌が弱い人は…

「アロマオイルを使ったら肌が荒れてしまった…」など肌に異常があらわれてしまったらアロマオイルを使用するのをやめてください。


バストアップのために肌がボロボロになってしまったらキレイになることはできませんし意味がないですよね。


肌が弱くてアロマオイルが使えない場合は代わりにボディーソープでマッサージを行なってみてください。

「でも、それじゃあ効果がさがるんじゃない?」


安心してください。


アロマオイルでもボディーソープでもバストアップ効果は変わりません。


アロマオイルであるかボディーソープであるかこだわるよりも、このマッサージを継続して行うことの方が大切です。


毎日マッサージを行なってバストを理想のサイズにアップさせましょう!

おうちでマッサージ!目指せプルプルバスト

バストアップマッサージでよく聞きますけど、一体どうやって行えばいいのでしょうか?


「やっぱりエステサロンに行かないとダメかなぁ」


いちいちエステサロンに通って行うのはちょっと面倒ですよね。


「家でバストアップマッサージできればいいのに・・・」


そんな方のために気軽に自宅で行えるバストアップマッサージのやり方をご紹介します!



・バストアップマッサージ

1:バストの外側から内側へ、円を描くようにマッサージをします。

  左のバストは右手で、右のバストは左手で行うようにしましょう。


2:次に両手をバストの脇に置きます。

3:脇腹や背中の脂肪をバストにつけるようなイメージでマッサージします。

4:手のひらを使ってバストの下の部分を軽く待ち上げます。

5:一度バストから手を離します。

6:また右のバストの下の部分に手を当ててバストを持ち上げます。

7:逆のバストも同じように行なってください。

8:指を添えて鎖骨のすぐ下辺りからバストの脇辺りまで流すようにマッサージしてください。


両手で左右同時に行なっても、片手で片方ずつ行なっても構いません。自分のやりやすい方でマッサージを行なってください。


このマッサージを1日10~20分行います。

マッサージはお風呂に入っているときか、入った後にやると効果的です。


バストアップマッサージをやってもすぐにはバストは大きくなりません。


1週間くらいやっただけで「効果ないじゃん!」と止めたりせずに長期間コツコツと続けていってください。

サプリでバストアップダイエット

締まるところは締まってて、出るところは出てる。


女性の理想のスタイルですね。


「私は胸も小さいし、太ってるし理想のスタイルとは真逆だ…」


そんなに落ち込まないでください。


サプリを使えばバストアップとダイエット両方同時に行うことができますよ。


サプリを使って行うバストアップダイエットをご紹介します。


・ダイエットサプリとバストアップサプリを組み合わせる

早く理想のスタイルになるにはバストアップサプリとダイエットサプリを組み合わせるのが効果的です。


サプリを組み合わせると聞くと「そんなことして大丈夫?」と不安に思う方もいるかもしれませんね。


確かに何も考えずにダイエットサプリとバストアップサプリを飲むのは良くありませんが、ちゃんと組み合わせを考えて飲めば問題ありません。


オススメなのはバストアップサプリとビタミンやミネラルが含まれてるダイエットサプリを組み合わせる飲み方です。


ビタミンやミネラルは毎日の食事にも含まれているメジャーな栄養素です。


なのでバストアップサプリと組み合わせて飲んでもトラブルが起こることがほとんどなく安全です。


・組み合わせるときの注意

バストアップサプリとダイエットサプリを組み合わせるときは成分をチェックして、大丈夫な飲み合わせかどうかを調べなければいけません。


なので必ずサプリを購入するときは成分表をよく確認してください。


配合されている成分や成分の量が書かれていないサプリは避けた方が良いですよ。


ダイエットとバストアップが両方一辺にできるなんて夢のようですね!


でも、飲み方によっては思わぬ副作用が起きてしまうかもしれませんので、飲むときはサプリの相性によく注意してください。

サプリで胸の悩みさようなら

「筋トレや運動、マッサージをしてもなかなかバストアップできなくて…」

「時間がなくて続けられない…」

など理由は様々ですが、

〈もっと簡単にバストアップできないの?〉

と思う女性も少なくないと思います。


そこで豊胸サプリメントに興味を示す女性も沢山いますよね。


忙しい方や運動嫌いな方におすすめしたいのが、豊胸サプリです。


豊胸サプリと一口に言っても、種類が豊富すぎて、どれが自分に合っているのかわからなくなりませんか?


それに、どんな成分がバストアップに効果的であるかはあまり知られていないと思います。


そこで、バストアップに有効なサプリメント成分、普段なかなか食事では摂取できない優秀成分、代表格を3つご紹介します。


【バストアップに有効な成分】

☆プエラリア・ミリフィカ

亜熱帯の植物で、バストアップに効果的なイソフラボン類の成分が多く含まれています。

バストアップ成分に加え、美白効果があることから、いろいろな「美白サプリメント」に応用されています。


☆ワイルドヤム

抗酸化物質であるサポニンが豊富に含まれており、生理痛や生理不順、老化防止、更年期障害などのホルモンバランスの崩れなど、まさに「女性のための健康ハーブ」として注目されています。


☆大豆イソフラボン

女性ホルモンに似た作用があるので、バストアップの他に、美白作用、保湿性の向上といった美容効果もあります。


これらのサプリメントを手軽に取り入れて、バストアップを目指しましょう!

Aカップからのバストアップ!

バストアップ AカップAカップの胸にコンプレックスをもっている人は多いもの。


「貧乳」とか「まな板」などと呼ばれ、女性なら悩んでしまうと思います。


胸の脂肪をつけるため、良質なタンパク質を積極的に摂取すると同時に、Aカップの人は物理的な方法をとり入れるのがもっとも効率的です。


バストアップマッサージや、場合によっては豊胸手術を視野に入れてもいいでしょう。


■マッサージで脂肪を胸へシフト!

バストアップマッサージは、Aカップの人でも効果があることが分かっています。

リンパと血管の流れを良くして、乳腺に刺激を与えましょう。

1.まずは胸の正面で手のひらを合掌し、ぐーっと押し合わせます。

2.片腕を上げて、二の腕の脂肪を柔らかくするイメージで、約5分間マッサージ。

3.柔らかくなった二の腕のお肉を、胸に流し込むイメージで、約15分間、寄せ集めながらマッサージをします。


その際、ワキ下のリンパを通るようにするのがポイントです。これを毎日続けるだけで、バストアップに効果があります。


脂肪は、私たちが思う以上に流動性のあるものです。


「流す」「かき集める」という行為を甘く見てはいけません!


入浴時におこなうと、血行が良くなっていますので、いっそう効果が期待できます。


■メスを使わない豊胸手術もある!

美容外科やクリニックで受けられる豊胸手術も、Aカップ女性の強い味方です。


最近ではメスで切開しない「プチ豊胸」もありますので、誰でも手軽にサイズアップすることができます。


ヒアルロン酸をバストに注入するだけの方法では、最大2カップまでアップが可能です。


数回に分けて注入すれば、周りに気づかれずに大きくすることもできるでしょう。


注射なのでダウンタイムもなく、施術時間もほんの15分ほどです。


もっと劇的にサイズを上げたいなら、シリコンバッグを入れるのも1つの方法ですし、おなかやおしりの脂肪が多いなら、脂肪吸引した自分の脂肪をバストに注入する「脂肪注入法」というものもあります。


予算や、自分の希望に合わせて、施術の方法を選択しましょう。


また口コミなどを念入りに調べて、腕の良い医師にかかることも大切です。

肩甲骨ストレッチでバストアップ(胸を大きく)する方法

バストアップ ストレッチ普段の姿勢とバストには密接な関係があるのをご存知ですか?


背中と胸は表裏一体。美しい姿勢を作る、つまり肩甲骨をストレッチすることは、そのまま胸を大きくする方法にもつながるのです。


姿勢の悪い人は、たいてい肩甲骨周りの筋肉が凝り固まっています。


肩甲骨を動かすエクササイズを日常にとり入れて、バストアップにつなげましょう。


■背中の余分なぜい肉をとる!

両腕を後ろにまわし、背中で両手を握手します。


届かない人は、両手でタオルをつかんだままおこなってもOKです。


そのまま10秒間キープし、左右それぞれおこないます。


肩甲骨周りのコリがほぐれ、背中のぜい肉もスッキリとしますよ。


■バストを押し出すエクササイズ!

両ヒザを床について、両腕を肩幅よりやや広めに開き、手を床につけます。


そのまま胸をできるだけ床に近づけましょう。


腰の高さは変えず、胸だけを沈めるのがポイントです。


その状態で、上体を左右それぞれにひねります。


肩甲骨が浮き上がり、胸の筋肉が刺激されるのを感じるでしょう。


■肩甲骨を動かすだけで汗をかける!

足幅を少し開いて立ち、胸を張って、その場でジョギングのマネをする要領で、両腕を前後に小刻みに動かします。


この時、肩甲骨から腕を動かすことを意識してみてください。


しばらくやっているだけで、体がポカポカしてきて発汗します。


バストアップはもちろん、ダイエットにも効果的ですよ。


■生活の中で肩甲骨を意識する!

たとえば掃除機をかける時も、大げさなくらいに腕を使いながらかけましょう。


肩甲骨が動くのを感じることが大切です。


布団の上げ下ろしは、肩甲骨にとって非常に良い運動になりますので、肩こり解消に推奨するドクターもいるほどです。


窓ふきも最高のエクササイズ。


手首だけではなく、腕の付け根から大きく動かす感じでおこないましょう。


このように、肩甲骨に日ごろから意識を向けることで、姿勢を良くし、結果的に胸を大きくすることができます。


[スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP